リビングイン階段にしたがドアやカーテンレールをつけなかった点

子供が大きくなっても玄関から必ずリビングを通って顔を合わせられるように、リビングイン階段にし、ドアやカーテンをつけずに開放的にした。

しかし生活してみると、夏は冷房で冷やした空気が2階に逃げてしまい、冬は2階からの冷気が入りリビングがなかなか暖まらず、暖まり始めても冷気がとても寒かった。

自分でカーテンレールをつけるために壁に穴を開けるのも嫌で、現在は突っ張り棒を使い二重でカーテンを付けているが、やはり隙間が開くのでそこからの隙間風もとても気になるところ。

階段を通るたびに隙間が開くし、洗濯物を持って通るとカーテンがまとわりついてきて突っ張り棒が落ちそうになったりするので結構気を使う。

しっかり閉めるのもその都度なので、何かいい方法がないかと考える日々である。

子供が大きくなって会話が減ったり、喧嘩したあとだったり、顔を合わせるのが気まずくなって直接自分の部屋に行かないように、必ずリビングを通り顔を合わせることが出来るように、理想の間取りではあった。

カーテンよりドアをつけ、2階との空間を遮った方が完璧だったのだ。

実際に住んで生活してみて、理想や憧れだけではなく、住んだあとのこともじっくりと考えて想像して抜けのないようにする事はとても重要であると実感した。

参考:岡山市北区の注文住宅